MENU

銀行では通常のキャッシングでも会社用としてのお金は調達できる

個人で商売をされている方が当日中にキャッシングを行なうことになった際に、銀行と消費者金融のうちどちらを選択すべきかについては、利用目的や利用する金額によって変わってくるものです。会社のための費用といったような利用する金額が大きくなる場合は、絶対に銀行を利用すべきでしょう。

 

逆に金額が大きくならなく、できるだけ早くキャッシングを行いたい場合は、審査の結果が早く出るとされている消費者金融を利用した方がよいと言えます。これは、少ない金額のキャッシングの場合は、銀行を利用するのも消費者金融を利用するのも金利の面ではあまり違いが見られないことから、そう言えるのです。

 

最短で借入れしたいならココがオススメ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

会社のためのキャッシングか自分のためのキャッシングかで判断する

銀行と消費者金融、どちらかで迷われたときは、先ほども申し上げましたが、会社のためのキャッシングか自分のためのキャッシングかで利用すべき場所が変わってきます。自分のためのキャッシングであるなら、あまり大きな金額とはならず、かつ急いでいる場合が多いでしょう。

 

この場合は、消費者金融を利用するのが圧倒的に良いことになるのです。消費者金融は、このように、少ない金額を少しの間、かつ急いで借りたい方には最適な場所となっているのです。一方、銀行はその反対で、会社のためにキャッシングを行う場合は、期間も長くなり、金額も大きくなると思われますので、会社のためにキャッシングをするときには銀行でそれを行った方がよいと言えます。もし、消費者金融でそのような金額をキャッシングしてしまうと、金利が高いことから金利分の支払いだけでも大変な負担となるのです。

 

早くキャッシングを行いたいなら消費者金融

個人で商売をしている方だけではなく、誰にでも当てはまることですが、緊急にキャッシングを行いたい場合は、銀行でキャッシングするようなことはせず、消費者金融を利用した方がよいのです。これは、キャッシングを利用する上では常識的なことでありますので、ぜひ覚えておきましょう。消費者金融は、銀行と比べ、審査の結果が出るまでの時間が短く、審査で合格できる可能性も銀行より高いです。

 

急いでいないならば、金利は気にした方がよいものですが、急いでいる場合はそうも言っていられません。真っ先に目の前の危機的状況から抜け出すことの方が重要ですので、消費者金融でキャッシングをして危機から抜き出すことを優先してください。

 

事業をされている方に向けられたサービスも存在する

プロミス、アコム、アイフルのような消費者金融においては、個人で商売をされている方や会社を経営している方に向けたキャッシングのサービスが行われていますので、そのような方々はこういったサービスを利用するというのも悪くありません。

 

上記3つの会社の中で一番金利が低いのはプロミスで、プロミスは生活資金、会社用、いずれの場合も利用ができます。また、最も利用に縛りがないのがアコムで取り扱われている”ビジネスサポートカードローン”で、こちらに関しては生活資金、会社用という制限がなく、”自由”であることが売りのカードローンです。

 

そして、残るはアイフルですが、アイフルでは”事業サポートプラン”が取り扱われており、これは会社用としての利用に限られています。さらに、審査の際に提出する書面も2期分の決算書となっているので、アコムやプロミスと比べると審査が厳しいと言わざるを得ません。アコムやプロミスでは1期分の決算書で審査が行われます。

 

ただ、アイフルでは審査が厳しくなっていることから、希望通りの金額を借りられるケースが多いとも見れるのです。ですから、会社用として本気で300万円ぐらいをキャッシングしたい方であれば、アイフルを選んだ方が良いとも言えるでしょう。本来なら、審査が厳しく行われるところは、選択すべきではないですが、この点が個人用としてキャッシングする場合との違いなのです。

 

会社用としてキャッシングする場合は銀行を選択すべきである

先ほどは会社用としてのキャッシングが行える消費者金融をご紹介しましたが、それでも銀行と比べると金利面では劣るので、300万円のような大きな金額をキャッシングするなら、銀行でキャッシングを行うことを推奨したいです。

 

銀行では消費者金融とは違い、会社用のキャッシングサービスというものがそれほど存在しません。東京スター銀行では”スタービジネスカードローン”が取り扱われていますが、その他の大手の銀行を見ても取り扱われていないことが多いです。

 

大手の銀行でのキャッシングは相当厳しい

銀行ということで、当然会社用としてのお金をキャッシングすることはできますが、消費者金融を利用する場合と比べると、相当厳しいように思われます。

 

例えば個人で商売をされている方が、会社用としてのキャッシングを行う場合でも、その人に貸し出すというよりその会社に投資するというイメージが強く、そのため、キャッシングを行う側からすれば、急にお金を要する事態になったからキャッシングを行うという感覚ではなく、この事業をするためのお金がほしいという感覚となってしまうでしょう。

 

このようなキャッシングであることから、こちらでは上限金額を知ることができず、おまけに金利までもが知ることができないのです。上限金額や金利については、銀行との交渉によって決まるものと考えられます。

 

しかし、これではあまりに堅苦しいので、銀行でもう少し会社用のお金を気楽に借りられる方法はないのか?というと、それは簡単で通常のキャッシングを利用すればいいのです。銀行であれば通常のキャッシングであっても金利は非常に低く、会社用としての大きなお金であってもキャッシングが行えます。

 

銀行では通常のキャッシングでも消費者金融より金利が低い

銀行で通常のキャッシングを利用したとしても、消費者金融で取り扱われている事業者向けのサービスを利用するよりは金利は低いです。消費者金融で取り扱われているそれというのは、金利が低いのが売りではなく、総量規制が適用されないところにメリットがあります。

 

すなわち、1年間の収入の3分の1以下までキャッシングを行っている事業者でも利用できるようにすることで、そのお金を事業のために使ってもらい、国内経済をよくしようということから、貸金業法によってそうしているのです。

 

とはいえ、総量規制が適用されないのは銀行も同じであるので、条件的には変わりありません。したがって、やはり、金利の面からも銀行でキャッシングを行った方がよいとなるのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日