MENU

金利の安さだけで判断せず色々比較する事が大事

借金を一本化したら後は腰を据えて返済していく事になるので、できるだけ条件のいいところで借りたいと思うのではないでしょうか。

 

おまとめローンをどこに申し込むのか、選ぶ際に注目したいポイントをご紹介します。

 

金利は借入額によって変わる

金利が安い方がいいのはもちろんなので、最も注目するポイントかもしれません。銀行にはおまとめローンという名目の商品がないのがほとんどなので、キャッシングも可能な通常のカードローンでの借り換えという事になります。

 

消費者金融にはおまとめローンという商品があり、金利もキャッシングより安い設定なので銀行のカードローンと大差がなく、キャッシングではないので返済に特化できます。同じ消費者金融でもアイフルのおまとめローンは金利が12%〜15%で最大500万円まで、プロミスのおまとめローンだと6.3%〜17.8%で最大300万円までとなっていて、同じ消費者金融でもかなりの差がある事がわかります。

 

上限金利だけで見るとアイフルの方が2%以上も違うので、借り換え金額が少ないのであればいいかもしれません。一方で下限金利を見ると12%と6.3%ではかなり違いがあります。この条件で同じ300万円を借り換えた場合、下限金利が適用された場合返済総額の差が大きくなります。

 

このように、借り換え総額によってどこの金融業者を選ぶかというのはとても重要なポイントで、上限金利が安いからといって一律に全ての人がお得になるというわけではない事を銘記しておきましょう。

 

消費者金融のおまとめローンの条件

アイフルで借り換えをする場合、銀行や消費者金融などからの借入や、クレジットカードのショッピングやリボ債務が対象になりますが、プロミスでは消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどの無担保ローンに限定されます。

 

このように業者によって条件は違う場合があるので、利用を検討する際はよく確認する事が大切です。おまとめローンは返済専用の商品なので、キャッシングとして利用する事はできません。また、おまとめローンで得た融資はきちんと他社の返済のみに充当するようにしましょう。

 

銀行で借り換える場合

銀行にはおまとめローンという名前の金融商品はほとんどなく、目立ったところでは東京スター銀行ぐらいでしょう。もしも銀行一本にしたいのであれば、通常のカードローンという事になります。カードローンの資金の使いみちは自由なので、おまとめ、借り換えとしての利用も受け付けています。

 

銀行のカードローンの金利は消費者金融の上限金利に比べると安いのですが、おまとめローンで比較すると上限金利はほとんど変わりません。金利は借入総額が多ければそれだけ少なくなりますから、まとめたい金額がそれなりに多い場合には銀行がおすすめです。銀行によって設定されている金利幅は違いますので、よく条件を読んで比較するようにしましょう。

 

一般的に銀行の審査は消費者金融よりも厳しいとされています。おまとめ目的なので多重債務である事は承知の上での審査になりますが、返済状況がよくない場合には信用度がかなり低くなる事が予想されます。多重債務になると、必然的に返済日が多くなるので忘れずにきちんと返済するだけでもかなりの気をつかわなければなりません。

 

うっかり返済し忘れてしまってすぐに返せばいいのですが、そのような事がしょっちゅうあったりすると、悪質な延滞と判断されてしまって信用情報に「異動」記録をつけられてしまう場合があります。そうなってしまうと銀行はもちろん消費者金融であっても審査は通らなくなってしまいますので、借金を一本化する事は不可能という事になりますので、普段から返済には細心の注意を払うようにしたいですね。

 

金利の安さだけにとらわれない

金利が安いのはいいのですが、返済期間をどうするかによっても返済総額は変わります。返済期間が長ければそれだけ利息を払う事になりますから、せっかくおまとめローンにするのであれば、完済までのシュミレーションをしっかり行って返済イメージをしっかり持つようにしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日