MENU

任意整理後、最低5年間は新規のキャッシングは不可能となる

重債務に苦しみ借金の返済が困難になった時、任意整理が認められると借金が減額され、返済が容易なものとなります。しかし任意整理を実行すると金融事故を発生させたことになり、いわゆるブラックリストに登録された状態になります。

 

任意整理の記録は信用情報機関に登録されます。信用情報機関には、JICCとCIC、全国銀行個人信用情報センターの3種類があります。任意整理の記録についてはJICCとCICで5年間、全国銀行信用情報センターで10年間ストックされることになります。少なくともその期間は、新規のキャッシング利用はできなくなるため注意が必要となります。

 

任意整理はローン会社に損失を与えるもの

任意整理は借金を減額するために債権者と債務者が協議を行い、裁判外で合意するものです。任意整理が行われた場合、借金が減額されるためローンの利用者にとっては有利となるものの、貸し手であるローン会社は損失を被ることになります。そこでキャッシングの利用者が任意整理を行った場合、その利用者はローン会社からすれば悪質な利用者ということになるのです。

 

任意整理の記録があると、原則としてキャッシングは利用できない

カードローン会社は個人の信用情報を登録している信用情報機関に任意整理の情報を提供するとともに、審査においては信用情報の照会を行うようにしています。ここで任意整理の履歴があると、いわゆるブラックリストに登録された状態となり、悪質な利用者として原則としてキャッシングの利用はできません。

 

信用情報機関のうち、JICCとCICについては5年、全国銀行個人信用情報センターでは10年、任意整理の情報をストックするため、少なくとも5年、最長でも10年間はキャッシングの利用ができなくなるのです。

 

任意整理の記録がなくなっても、借りられないこともある

信用情報機関にストックされた任意整理の記録が消えたらすぐにキャッシングの利用ができるわけではありません。10年以上経過すると、ブラックリストに登録された状態から解除され、審査で門前払いされることがなくなるだけなのです。

 

任意整理から10年以上経過して申し込むと、新規での利用者と同様に、勤務先や勤続年数、年収といった様々な要素を考慮して審査が行われ、融資できるかについて判断が下されることなります。任意整理から10年経過すれば、必ずキャッシングの利用ができるようになるものではないのです。

 

任意整理後に信用を回復させるための手段

任意整理を実行した場合、すべてのクレジットカードやローンカードが没収されるわけではありません。ということは、任意整理後にそれらカードを利用し、きちんと返済を続けていけば、信用度であるクレジットスコアを上昇させることも可能になってきます。

 

もちろん任意整理の記録は5年間はストックされます。そこで少なくとも5年間は新たなキャッシングの利用は不可能です。しかし、保有が許されたクレジットカードなどをこまめに利用し、返済をきちんとこなすことでクレジットスコアを上昇させ続ければ、任意整理の記録が消された直後から新たなキャッシングが許される可能性を高めることもできるのです。

 

新規のキャッシングが認められるかは、任意整理の内容によっても変わる

任意整理後に新たなキャッシングが認められるかについては、任意整理の内容によっても左右します。というのも任意整理には悪質なものと、そうでないものが存在しているからです。従来、利息制限法の上限を超える金利がキャッシングの利用者に請求され続けていたグレーゾーン金利の問題がありました。

 

このグレーゾーン金利が存在していた時期に、余計な金利を支払っていたキャッシングの利用者は、ローン会社から支払い過ぎた金利を過払い金として返還してもらうことができます。ここで多額な借金を抱える利用者が過払い金の請求を行い、返還された過払い金をもって利息の支払いや債務額の返済に当てるために任意整理を申し出る場合があります。

 

これはローン会社が過度に請求しすぎていた利息を顧客に返還し、その返還された過払い金で借金の返済を行ったにすぎません。この過払い金の返還を行って任意整理を行った場合には、利用者に何らの悪質性もないため利用者の信用に傷を与えることはありません。悪質な任意整理とは言えないため、新たなキャッシングの審査においてほとんど影響を与えることはないのです。

 

借金の踏み倒しに相当する任意整理を行うと、審査は厳しくなる

他方、多額の債務を抱え返済できる見込みが無い場合に行われる任意整理については、悪質なものです。というのも借金減額のための任意整理の本質は借金の踏み倒しだからです。このような任意整理が行われると、カードローンでは連帯保証人も担保も用意されていないため、ローン会社が貸し倒れた金額について損失を被る可能性がでてきます。

 

さらに任意整理によって減額された債務額の水準も審査に影響します。当然ながら、借金を踏み倒した金額が大きくなればなるほど、審査は厳しくなってしまいます。原則として任意整理の実施は、過払い金の返還請求でないかぎり、キャッシングの審査に大きな負の影響を与えるものです。任意整理の経験者がキャッシングを希望するのは厳しいという認識を保つ必要があります。

 

任意整理から1年後に借りられたという体験談も存在するが

「任意整理から1年しか経過していないのに追加の借入れができた」という体験談や口コミを稀に見かけることがあります。これは、「任意整理以前に審査に通過し利用が認められていたローン会社を利用し、限度額の範囲内で追加の借入れを実行した」に過ぎない可能性が高いため、注意が必要です。

 

たとえばプロミスとアコムの両方を利用している時に、プロミスで任意整理を行い借金額を減額してもらった後に、アコムの融資限度額を利用して追加のキャッシングを行ったというような可能性があるのです。1社で任意整理を行っても、他社の限度額がすぐに0円となるわけではありません。他社に損害を与えていない以上、キャッシングの利用を制限することも難しいからです。

 

任意整理をすると、融資枠が制限される可能性も

ただし任意整理の情報は、上述の通り信用情報機関を通して各ローン会社間で共有されています。任意整理の情報が共有されると、融資限度額が減額されることも十分にありえます。融資限度額が減額されると、実質的に追加で借り入れできる金額が制限されることに繋がります。

 

もちろん上述の体験談のように、任意整理を経験しても、融資枠が維持されていたら新たにキャッシングすることは可能です。しかし一般的に任意整理を行うことはブラックリストに登録されることであり、追加のキャッシングは非常に厳しくなるという認識を持つことが重要なのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日