MENU

どちらも返済の考え方はほとんど同じ

ちょっとお金が必要になった時に利用されるキャッシングですが、何か購入するために必要なお金なのであればクレジットカードのリボ払いという方法もあるし、どちらがお得なんだろうと思う人もいるようですが、基本的にはどちらも同じ事と考えていいでしょう。

 

主婦にもおすすめできるカードローン!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

キャッシングとリボ払い

キャッシングには必ずその人の返済能力に応じた限度額が設定されていて、その額までであればいくらでも借入をする事ができます。消費者金融の場合返済方法はいくつかあります。返済日は毎月1回あって借入残高に応じて返済額が決まる方法、最期に返済した日から数えて35日後が次の期日となる方法などがあります。

 

いずれにしても借入残高に借入利率をかけて365日で割った金額の利用日数分が利息となります。キャッシングは借入残高に応じて返済額が変わりますが、5万円なら毎回2000円、50万円なら13000などといった感じで返済額は一定です。返済は長くなればなるほどに利息がかかり、最終的には元本に対してかなりの額を支払う事になります。

 

消費者金融を利用してまでお金を借りるのには抵抗があっても、クレジットカードのキャッシングやリボ払いならば何となく利用しやすくてついつい使ってしまうという人も少なくありません。ですが、実態としては消費者金融のキャッシングもクレジットカードのリボ払いも同じです。金利に関しても双方さほど違いがなく、気をつけて利用しないとなかなか返済は終わりません。

 

キャッシングの場合は限度額の範囲で現金を借りますが、クレジットカードのリボ払いは限度額の範囲で商品を買います。支払い方法はどちらも残高に応じて変化しますが、残高が減ると返済額も減るのでいつまでも返済は続いてしまい、また新たに借入やショッピングで利用すれば残高はまた増えるのでその分完済はさらに遠のく事になります。

 

できるだけ元本を減らす事が大事

キャッシングやリボを利用していると毎月の返済額は一定額なので、自分がどれだけのお金を借りているのか、いつのどの借金なのかという事がよくわからなくなってしまいがちです。限度額に余裕さえあればまだ借りられるという感覚で利用していると、毎月返済していたとしても残高は減らず常に支払いが残ります。

 

仮に毎月支払っている額が10000円だったとしてもそのうちの多くは利息でもあるので、なかなか元本が減りません。できるだけ利息も少なく、早く借金を終わらせるためには、毎月定額の支払いに加えて繰り上げ返済を積極的に行う事も大切です。

 

繰り上げ返済は借り入れと同様にとても簡単にできます。コンビニなどにあるATMや銀行振り込み、インターネットでは24時間返済できたりもしますので、少しでも入金して元本を減らすようにしていくようにしたいですね。まとまったお金ができたなら一括返済をする事ももちろん可能ですので、その時は利用業者に申し出れば返済方法を指示してもらえるでしょう。

 

複数社で借りてしまうリスク

クレジットカードのリボ払いの限度額いっぱいになり、それ以上の買い物ができなくなってしまって困ってしまい、新たにキャッシングを始めるというケースもあります。貸金業者には総量規制があるので、年収に応じてある程度借りられる総額というのは決まっていますから、他社の借入額が既に個人の限界に達してしまっているのであればそれ以上の融資は受けられません。

 

クレジットカードのリボ払いはキャッシングと同じ種類の借金として見なされますのが、そんな意識もなく利用している人も少なくありません。両方を利用するという事は、既に複数社からの借入をしているという事と同じになります。

 

キャッシングの審査では個人信用情報を調べるので、どこでいくらの借金があって毎月いくら返済しているのか、ちゃんと遅れずに返済しているのかどうかも全て詳細に把握する事ができます。もしもそれまでに延滞履歴などの記録が残っていると、新たな借入はできなくなってしまいます。

 

また他社の返済のための借り入れになってしまうという事になると、月に何度もある返済のためのお金を借りては回すという悪循環に陥ってしまい、全てを借金で賄っている以上、残高と利息ばかりが積み上がっていってしまう事になります。

 

多重債務に陥って長期間返済し続けている人の多くは、そのようにして借金から抜け出せなくなってしまっています。返済の過程で度々延滞をしたりずっと返済ができなかったりすれば、最終的には裁判所を通して督促や差し押さえの通知が来ますし、金融事故となればしばらく借金もできなくなります。

 

そうなったら債務整理をしてできる限り支払うなり、最悪自己破産するなりしないとなかなか生活を立て直す事ができないかもしれません。どうしても返済に困ったら、法律の専門家に相談してどのような整理の方法があるのかアドバイスしてもらいましょう。

 

 

キャッシングやクレジットカードは困った時にはとても頼りになりますが、安易に使い過ぎると自分で自分の首を絞めてしまう事になりますのでよく考えて利用するようにしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日